岩倉桜まつり2016(山車編)

2016年4月2日(土)愛知県岩倉市を流れる五条川沿いに咲き誇る桜を見てきました。

今回は山車編です。

愛知県には400台にも及ぶ山車があるとか。そんな山車天国の愛知県ですが、ここ岩倉市にも3台の山車があります。

e0006219_17391554.jpg

岩倉の山車には大上市場・中本町・下本町の3地区が保有する3台の山車があります。




ブログランキングというものに参加しています。

写真(風景・自然) ブログランキングへ




e0006219_17405119.jpg

山車は岩倉街道山車巡行として街を引き歩くのですが3車そろい踏みということで、中本町「くすのきの家」駐車場に3台の山車が集合し、笛・鼓・太鼓によるおはやしに合わせた「からくり人形」の実演を行います。

のちに山車は五条川河畔まで引かれ「からくり人形」の実演もしてくれます。




e0006219_17411721.jpg

岩倉の山車は3段組構造になっており「犬山型」、輪懸けがあることなどは「名古屋型」と言うように犬山型、名古屋型の両方の特徴を合わせもっています。





e0006219_17525380.jpg

上之町の山車は、文化10年(1813)の『柴田文書』には、江戸時代の寛永6年(1629)に制作されたとあります。
別名「唐子車」と呼ばれ大上市場の山車には、からくり人形が4体あり、四本柱内に「方上倒立」(2体)と「乱杭渡り」(1体)、二層の正面に「ざいぶり」(1体)があります。

「ざいぶり」は「前人形」とも呼ばれ、両手に持った采を振り、悪魔払いをしつつ山車の進行を鼓舞します。

人形の中では格が高いと言われています。

水引幕は、尾張藩の御用絵師であった山本梅逸(1783~1857)の手によるもので「竜」が描かれています。





e0006219_1748160.jpg

中之町の山車は、『柴田文書』によると、寛永3年(1626)に制作されたとあります。

中本町の山車には、からくり人形が4体あり、四本柱内に「那須与一」(1体)と「チリリ」(2体)、二層の正面に「ざいぶり」(1体)があります。

この「ざいぶり」は、山車の進行と共に両手に持った采を振ります。

水引幕は、名古屋を代表する江戸時代後期の画家、渡辺清(1778~1861)の手によるもので「雲鶴」が描かれています。




e0006219_17483897.jpg

下之町の山車は、岩倉の山車の中でも最も歴史が古く『柴田文書』には、寛永2年(1625)に制作されたとあります。

別名「杉山」と呼ばれています。

下本町の山車には、からくり人形が5体あり、四本柱内に「管丞相」(2体)と「唐子遊」(2体)、二層の正面に「ざいぶり」(1体)があります。

この「ざいぶり」は、両手で持った幣を山車の進行と共に振ります。

水引幕は、「鳳凰と波」が意匠され昭和61年(1986)に新調されました。




e0006219_175629100.jpg

やがて山車は五条川の各橋に引かれていきます。




e0006219_17574460.jpg

今回は一緒に行ったお友達のkaoさんのはからいもあり特別な場所から撮影ができました。




e0006219_17585811.jpg

なかなか目線の高さで山車の上部が見られることは無いことですよね。
kaoさんありがとうございました。




e0006219_18144629.jpg

橋へと引かれた山車は桜と絡めて撮ることができます。




e0006219_18145629.jpg

岩倉の山車は夏祭りのときにも引かれるそうですが、こうした桜とのコラボレーションもまた良いものですよね。




e0006219_1815976.jpg

また、機会があったら岩倉桜祭りへ行きたいと思います。




上記文面は一部「さくらいふいわくらし」より抜粋しております。




次回はモノクロバージョンを少しだけアップして今回の岩倉桜祭りを締めたいと思います。
[PR]
Commented at 2016-04-06 19:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by film-gasoline at 2016-04-06 23:28
愛知県には400台の山車があるんですか!
これが集まったら大渋滞が起きるレベルですね^^;
こちらではこういった山車を見たことがありません。
桜と山車、遠い昔を思わせる美しい光景ですね。
また、ビルと山車の不思議な世界もユニークです。
いつもながら見事な切り取りには脱帽です(^^)v
Commented by revoir-dima at 2016-04-07 07:05
岩倉の山車も犬山も山車もいつか見に行きたいと思っています。
山車といえばからくりですよね。
あの複雑な動きには本当に感心させられます。これらの山車は夜の曳航はあるのでしょうか?
Commented by gohda_takeshi at 2016-04-07 15:20
鍵コメさん ほんとありがとうございました。
いやいや努力はきっと報われる!です(笑)頑張っていれば意外と早くにオファがあるかもですよ!

私は何を目指しているのだろうか・・・(笑)
ただ言えることは特に考えず目の前の光景をその場の雰囲気や気持ちで撮らされているだけかも(#^.^#)
Commented by gohda_takeshi at 2016-04-07 15:20
フィルガソさん そうみたいですよ~!!やはり戦国時代は数多くの武将がいた地域なので
こうした祭りごとも各地でおこなわれたのでしょうね。

私はあまりお祭りは撮らないのですが、こうした山車には地域それぞれの特徴があるのでそういった事を勉強しながら撮るのもいいかもしれませんね。
Commented by gohda_takeshi at 2016-04-07 15:20
dimaさん 山車の多さから言えば犬山の方が多いかと思いますが、それぞれが違うので見比べるの楽しいかもしれませんね。
愛知は他に知多方面でも沢山の山車が出るのを聞いたことがあります。

岩倉の夜はどうなんでしょうね、夏祭りのときはあると思いますが、春はそうなのかなぁ・・・。
ちなみに犬山は夜もありますよ。
Commented by 皐月の樹 at 2016-04-16 14:53 x
うおおお~!これまた見ごたえのある山車ですね~!
寛永2年とは・・・今でも現役で残っていることが、奇跡ですね!
愛知県には400台もの山車があるのですか~!びっくりです!昔から、御祭り好きということですねv^^
それにしても、このからくり人形、凄いですね!
とても貴重ですね!
これが動くんですよね?!
是非、実際に見てみたいものです♪
桜とのコラボも、絵になりますね~!
雅な岩倉の桜、堪能させて頂きました^o^/
Commented by gohda_takeshi at 2016-04-20 16:53
皐月の樹さん レスが遅くなり申し訳ございませんでした~!!

そうなんですよ~!!愛知県は山車大国みたいです(笑)というのもこの日愛知県知事が来賓でみえていたときの挨拶でそうおっしゃっていました。
武将が多いこの地域、自然と祭りごとも多かったのでしょうね。

からくり人形はみんな動きますよ~!!そっかぁ!動画も撮っておけばよかったですね。
アクロバットな動きのからくりもあって楽しかったですよ~!!

久しぶりの岩倉五条川の桜、私も楽しませてもらいました(^O^)/
by gohda_takeshi | 2016-04-06 18:20 | NIKON D810 | Comments(8)

Photo is Mind


by gohda_takeshi