ナルキッソスの伝説



スイセンの花言葉をご存知ですか?スイセンの花言葉は「自己愛」、でもなぜそんな花言葉が付いたのかというと・・・


e0006219_10142113.jpg

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO2000・+0.7EV・f2.8・1/4000秒・50mm



花言葉の多くはギリシャ神話から取られることが多いそうです。

スイセンの花言葉もそうなのであります・・・。

その昔、ナルキッソスという美少年がおりました。
彼はその美貌がゆえ多くの女性から言い寄られたそうです。

しかしそれを邪険にあつかい数々の女性達を傷つけてきたのです。
それを見かねた復習の女神ネメシスはナルキッソスに呪いをかけました。

それは自分自身に恋をしてしまう呪い。

彼は水面に自分を写し恋をしてしまうのです。
しかし水面に写る自分は彼の想いに応えることはなくやがて彼はその苦しみに耐え切れず死んでしまいます。

そしてスイセンに姿を変え水辺にたたずむようになったとか。
だからスイセンはうつむいた感じで花を咲かせるとも言われています。

スイセンの花言葉にはこんな意味があったのですね~!!ちなみにスイセンの学名はナルシサスと言います。

ピンと来たかたもおられるでしょうが、そんな自己愛が過ぎる人をナルシストと言いますが、ナルシストという言葉は彼の名前ナルキッソスから来ていると言われています。




ブログランキングというものに参加しています。

写真(風景・自然) ブログランキングへ



エキブロ春の投稿まつり「私らしく春を先撮り!小さい春、み~つけた!」
[PR]
Commented by 皐月の樹 at 2016-03-12 20:31 x
なるほど~、水仙の花言葉は自己愛なのですね~!これまた知りませんでした~^^;
つまり水仙はそれほどに美しいということなのですね~♪
お写真、実に和の雰囲気で美しいですね~!
背景の障子の柔らかな明かりと、水仙の花びらの透過光が実に美しいです!
水仙の原産地は、地中海沿岸とのことですが、既に日本では定着しておりますよね~。
越後の田舎でも、沢山植えられております。
雪が融けたあぜ道で、最初に顔を見せてくれるのが、水仙です♪
残雪と水仙の組み合わせも、実に美しんです~^o^
Commented by film-gasoline at 2016-03-12 23:09
おおお~、これは知りませんでした!
なるほどガッテンでしたよ(^^)v
お写真も美しく、その上とても勉強になる素晴らしいブログですね♪
今日は見事なネタかぶり、でも内容が180度違って面白かったです^^;

Commented by maou2929 at 2016-03-13 21:50
勉強になりますw
ナルシストの語源だったのですね。
あっ水仙には、毒が有りますよね。
もしかしたら僅かな抵抗なんでしょうか(笑)
Commented by gohda_takeshi at 2016-03-14 16:30
皐月の樹さん そうなんですよ~!私もここまで知りませんでした(笑)
しかし花言葉一つとっても色んな意味があるんだなぁってあらためて思いました。

このスイセンが飾ってあったのはとても暗いところだったので、手振れしないようISO感度をぐっとあけて障子からの光を取り込んでみました。
当然アンダーになるのであとからシャドーを持ち上げてみました。

スイセンは早いと12月の終わりに咲いているのも見かけたりしますがわりと長い間楽しめる花ですよね。
Commented by gohda_takeshi at 2016-03-14 16:30
フィルガソさん あはは~!ほんと見事なほどのネタかぶりでしたね~(笑)
私も知らないことばかりでですが、こうして記事にするときに色々調べているので自分自身も勉強になっています(#^.^#)

ナルシスト・・・良いか悪いかはわかりませんが、幾つになっても美しいと思うものは美しいと感じていきたいと思います。
Commented by gohda_takeshi at 2016-03-14 16:30
魔王さん はい~!!これがナルシストの語源だったのですよ~!

そうですね~!毒を持つ花は根っこに多いと聞きますが、スイセンもまた根に毒を持っているそうですね。
私はスイセンの花に近づいて写真を撮っていると墨汁の匂いがしてくるのが好きなのであります(笑)
by gohda_takeshi | 2016-03-12 10:19 | NIKON D810 | Comments(6)

Photo is Mind


by gohda_takeshi