北野天満宮 その3 本殿

本殿と拝殿、石の間、楽の間を連結した日本最古の※八棟造(やつむねづくり)は国宝に指定されています。
本殿正面の破風(屋根の妻側の造形)は漆と彫金が鮮やかな軒唐破風欄間には天満宮の使者である牛が彫られた蟇股が据えられています。
e0006219_9594810.jpg

※八棟造(やつむねづくり)とは実際に八つの棟がある訳でなく多棟を寄せた造りをいい「八つ」の意味は「多数」という意味です。

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・+1EV・f2.8・1/640秒・32mm











e0006219_101159.jpg

神社仏閣の柱によく見られるこの装飾。
木鼻と呼ばれていますが、複数の縦柱を横に貫ら抜いている梁などの端に付けられた彫刻の事です。
本来ならこの部分は構造上必要の無い部分なので切り取っても良いのですが、ここはやはり職人の遊び心と言いますかデザインの見せ所だったのかもしれませんね。

ところでこの木鼻、何に見えますか(笑)えっ?象?って思いますが、実はこれ獏なのです。象の木鼻もあるのですが、手に爪があるのでこれは獏なのであります。
他にも雲の形や獅子、龍、鳥など沢山の種類があるみたいですが、みなさんもこうした所に行ったときにはちょっと気にして見てみるのも面白いかもしれませんね。

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・+0.3EV・f2.8・1/200秒・70mm







e0006219_103820.jpg

軒の造りも非常に複雑で手が込んでいるのが分かります。
本殿は1607年に造営されたのでありますが、今年で409年が経とうとしています。
途方も無い年月が経っているわけですが当時の宮大工の技術とセンスは本当に素晴らしいことが軒一つ取ってみても分かりますよね。

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・±0EV・f2.8・1/800秒・52mm







e0006219_1042624.jpg

小さな欄間も手を抜くことなく一つ一つとても丁寧に彫られ極彩色の装飾!ほんと素晴らしい~!!

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・±0EV・f2.8・1/250秒・28mm







e0006219_105351.jpg


NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・-0.3EV・f2.8・1/1000秒・34mm




北野天満宮は初めて訪れましたが、また機会があったら違う季節に来てみたいと思います。




京都冬の旅はまだまだ続く(#^.^#)
[PR]
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-16 11:23
お~、さすが国宝です・・・手の込んだ細部が美しいです。
こういうところを作画するそのセンス、素晴らしいです♪
それにしても素晴らしいダイナミックレンジですね、シャドウがつぶれません。
まるでネガカラーフィルムのようです。
私がニコンのデジタル一眼レフを使っているのは、このダイナミックレンジの広さに惹かれている部分が大きいですね。^^
同じセンサーを使っているSONYも良いんですが、そこはさすが光学専業メーカー、チューニングがうまいです。^^
Commented by gohda_takeshi at 2016-02-16 17:17
黒顔羊さん ん~~!さすが国宝!ってうなるくらい見事な神社でしたよ~!
若い頃には多分感じなかったであろう美しさをこの歳になって感じているしだいです(笑)

D810はほんと粘ります!シャドウを起こしてきても破綻することも少なくとても粘ってくれます。
おっしゃる通りセンサーも大事ですが画像処理エンジンが秀逸なのでしょうね。
Commented by 皐月の樹 at 2016-02-17 01:56 x
いや~、ため息が出るほど見事な造り、実に美しい装飾の数々ですね~!
仰るとおり、職人さんの気概を感じます。
そしてそれを余すことなく描写するこのレンズの力にも、ため息がでますね~^o^
日本のお宮さんの屋根の形、直線と曲線の繋がりが実に美しいと思うのです。この直線があるからこそ、曲線の美しさも活きているように思います。韓国や中国の寺院の屋根は、もっと大きくうねっております。そこに大きな違いを感じます。
木鼻・・・なるほど~!勉強になりますv^^
これは、獏なのですね~!私も、像だとばかり思っておりました^^;
足の爪・・・なるほどです♪ 今度、見てみますv^^
3枚目の六角吊灯篭は先日ご紹介頂いたものでしょうかね?
存在感のある黄金でございます。この輝きは、普段のお手入れの賜物でしょうね~♪
見ごたえのあるお写真の数々、ありがとうございます!
Commented by gohda_takeshi at 2016-02-17 15:45
皐月の樹さん いつも細かなところまで見てくださってどうもありがとうございます。
ほんとこのレンズは私にはケチの付け所がまったく無いレンズでございます(笑)

私も一応は建築士の資格を持つ人間なのでこういった造作や建築にはとても興味がわくのであります。
写真を撮ったあとからでもこうして根掘り葉掘り調べていくととっても楽しいです(笑)
3枚目の釣灯篭はまた違う灯篭ですが、底は確認し忘れました(^^ゞ

まだまだ続きますがどうぞお付き合いくださいね(^_-)-☆
by gohda_takeshi | 2016-02-16 10:18 | NIKON D810 | Comments(4)

Photo is Mind


by gohda_takeshi