北野天満宮 その2 三光門

前回の楼門(おうもん)をくぐりその先の拝殿との間には三光門と呼ばれる中門があります。

三光とは日・月・星を意味しているのですが、門の中に月と太陽の彫刻が施してあります。
ん?星は?と思う訳ですが、実はこの門を正面からみるとちょうど真上に北極星が光輝くのだそうです。

何ともロマンチックな三光門、「星欠けの三光門」という別名も何とも素敵なのであります。


e0006219_9434836.jpg

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・+0.7EV・f2.8・1/400秒・46mm







e0006219_951216.jpg

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・+0.7EV・f2.8・1/1000秒・45mm

東風(こち)吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

菅原道真公の短歌です。
この短歌は、大宰府に左遷させられた菅公が京都の紅梅殿の梅に向けて詠んだ歌で、大宰府天満宮に梅が飛んできた飛梅伝説として残っているそうです。





e0006219_9535528.jpg

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・±0EV・f2.8・1/3200秒・24mm

三光門をくぐると奥に本殿が見えてきます。本殿前には左に梅、右に松があり左の梅には先に書いた飛梅伝説があるのですが、実は松にも飛松伝説があり、道真を追ってここ北野天満宮から大宰府飛び立った松だが、途中力尽きて摂津国八部郡板宿(現・兵庫県神戸市須磨区板宿町)に降り立ったとか。






e0006219_1001495.jpg

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・±0EV・f2.8・1/3200秒・24mm

神社へ行くとよく見かける釣燈篭、西回廊の燈明舎には金色の釣燈篭がずらりと並んでました。






e0006219_1042824.jpg

NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ISO100・+1EV・f2.8・1/800秒・38mm

釣燈篭の裏はみな同じかと思っていたら色んな柄がありました。
特にこの龍の装飾はとてもかっこよく美しかったです。






まだまだ続く北野天満宮・・・次回は本殿へ。
[PR]
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-12 21:51
やはり天神様には梅がよく似合いますねえ♪
一月中にフライング気味に岡崎の岩津天神に行きましたが、まだ全然でした。^^;
さすが北野天神、人も多いし、建築の造作も見事です。
釣燈篭の裏、こんな風になっているのですか・・・綺麗なんですねえ、知らなかったです。
また、そこを撮ろうとしたセンス、素晴らしいです・・・あ、「底」とかけてます^^;♪
Commented by 皐月の樹 at 2016-02-12 22:29 x
なるほど~、星欠けの三光門・・・素敵な話ですね~♪
そういうロマンチックな視点を忘れないでいたいものですね~!
金の釣燈篭、よく見ると実に手の込んだ細工がしてあるのですね~!
これほどまでとは・・・知りませんでした~^^;
平らなところがないくらいに、あらゆるところに装飾が施されていて、普通では目に入らないようなところまで細工が凝らされているところに、職人の気概を感じます♪
そして、それを見事に細部まで描写しきるこのレンズもまた・・・職人の手による一品でございますね~♪
私は、北野天満宮の事を何も知らないのだな~、と改めて実感いたしました^^;
とても勉強になります^o^/
本殿編も、楽しみにしております!
Commented by gohda_takeshi at 2016-02-13 13:57
黒顔羊さん 今回の京都ですが、梅が一番咲いていたのがこの北野天満宮でした。
それでもほんの一部の梅だけでしたけどね。
暖冬とは言え、満開の梅はもう少し掛かりそうですね(#^.^#)

釣燈篭、たまたま見上げたら見事な龍の装飾だったのですが他の物も見てみたら色んなタイプがありました。
「底・・・」普段なら山田君に座布団を持って行ってもらうところですが、明日はバレンタインなのでせんべい座布団ならぬチョコ座布団を差し上げます(笑)
って!なんのこっちゃ(^^ゞ
Commented by gohda_takeshi at 2016-02-13 14:03
皐月の樹さん でしょ~!ほんとロマンチストな人が造ったのでしょうね~!
でも肝心な「日」と「月」の彫り物を撮り忘れるという・・・私にはロマンが少し足らないようです(笑)

釣燈篭もほんと素晴らしくこの神社はとても雅で写真栄えするでした。
知ったようなことを書いていますが、私もほとんど知識無しで見に行っているので全部後付けの説明なんですよ~!
今度こういったところへ行くときは予習が大事だとあらためて思うのでありました(#^.^#)
by gohda_takeshi | 2016-02-12 10:09 | NIKON D810 | Comments(4)

Photo is Mind


by gohda_takeshi